自家製ベーコン

おおきなかたまり肉を買ってきて塩漬けするところから始める自家製ベーコン。ペンギーノキッチンの主戦力の一つです。

このベーコンを作るようになってから、ほとんど市販のベーコンを買わなくなりました。

焼いたときの脂身の甘さが市販品とは段違いです。

レンバスクッキー

指輪物語(映画ロードオブリングスの原作)に出てくる、エルフ秘伝の焼き菓子。羽のように薄く軽く、叩いても割れないくらいに頑丈で、一口かじると一日中走っていられるほどの栄養が摂取できるという、究極の携行食料だそうです。

エルフ秘伝のレシピを現実世界でそのまま再現はできなかったので、流石に薄くも軽くも丈夫でも栄養豊富でもないけど、木の皮で包まれた姿はとても幻想的。味もなかなか良いのですよ。

第2回ファンタジー村ではじめて提供したところ大好評。

今後もファンタジー村などで少しずつ提供されていくでしょう。

ファンタジッククッキー

クッキーの真ん中に透明な窓がある「ステンドグラスクッキー」や、ハーブやナッツを混ぜた「スパイスクッキー」などの、ファンタジー村のお茶のお供。

形も割とかわいらしく作られていたりします。

自家製燻製食品

ベーコンと同じく燻製された様々な食べ物。

チキン、チーズ、牡蠣、たまご…。どんどん燻製していきますよー。

チキンロテサリー

クリスマスに丸鶏を焼きたいと言う店員の願望がついに形になったもの。年末宅ゲ会(自宅でゲームをしながら年を越す会)で供されました。

ガレット・デ・ロワ

ぃぁ、ぃぁ!

2017年4月の「4月は馬鹿だが祝われる」ミニコンベンションにて提供された焼き菓子。

このコンベンションは4月生まれの方々が集まって「指名GMにセッションやってもらって、参加したみんなに誕生日を祝ってもらおう」という趣旨で企画されたものでした。

お誕生祝いなので祝賀用の焼き菓子「ガレット・デ・ロワ」になりましたが、なぜか表面にあやしげな紋章が…!(笑)

シュトーレン

毎年クリスマスに作られる、ドイツ風のクリスマスケーキ。ナッツとバターがふんだんに使われており、なかなかに贅沢な味です。

12月に店員宅を襲撃するとホイップクリーム添えで出てくるかもしれません。